TOPICS

2014/04/13

2014年4月8日日経概況

2014年4月8の。

終値は前日比201円97銭(1.4%)安の1万4606円88銭で、

3月26日以来の2週間ぶりの安値でした。

前日の米国の株式市場も3日に渡る続落、それに102円代まで進んだ円高の進行まで加わり、

幅広い業種で下落が広がりました。

本日上昇した業種は1つもありません。

 

本日の焦点になっていた消費増税後初の開催となった

日銀金融政策決定会合では政策の現状維持が決まりました。

その背景は

「日本経済は消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動の影響を受けつつも、

基調的には緩やかな回復を続けていくとみられる」

(会合後の記者会見での黒田東彦総裁、日経・産経新聞よりTBL投資アカデミーが引用しました)で見られる、

日銀の見解です。

現実の実体経済が肌で感じられない、

なんて鈍感な人たちかと思うような発言ではありますが、

経済・物価見通し(事実上3カ月ごとに公表)をとりまとめて発表する

4月30日である程度現状認識できることを願っております。

 

日経全体の動きとしては昨日に続き75日移動平均線をタッチした後下落を早めている状態です。

投資の注意点としては、3日続落しているので1回の自立反発はあってもいいタイミングということです。

利益がのっているといって、売り増しを無謀な大きさで仕掛けるタイミングではありません。

売り増し、買い増し、増しはいつもポジションを小さく、忘れないでください。

■各市場の動き

日経225:    14,606.88     -201.97        8日

NYダウ(ドル)         : 16,245.87        -166.84        7日

ドル/円: 102.59 – .62    -0.53円高     8日 18:02