TOPICS

2014/05/21

2014年5月21日日経概況

2014年5月21日の東京株式市場は5日ぶりの反発から反落しました。

終値は前日比33円08銭(0.24%)安の1万4042円17銭でした。

 

前日の米国株式相場が3営業日ぶりに反落し、

為替相場の動きも101円代の前半で、円高傾向が変わってないことを

背景に売りが膨らみました。

 

相場が動く中では前日比で100円超まで売られて

1万4000円を割り込む場面も出ました。

心理的節目の1万4000円を割り込むと、

下値では値ごろ感からの押し目買いが入って

引けにかけて下げ渋りました。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆5680億円と、

昨日の1兆5610億円をわずかに70億円を上回りましたが、

やはり薄商いの続きで2兆円の水準を5月8日以来

10日連続で下回りました。

 

 

テクニカル的には、下げ幅を縮小したものの

キャンドルの形は下落の形(高値・安値の切り下げ:前日比)で、

ボリンジャーバンドの-2σに接近し、売られすぎのサインを出そうとしています。

 

昨日まで、“ここからは14000円台を大きく割りこんでくるか、

前回のように支えになって反発を見せるかが注目されます。

反発してくると14300円―14500円レンジが意識されます。“と書いていますが、

そこから見方の大きな変更はありません。

週次チャート上でも三角持ち合いを抜く準備、

一目も遅行線が前回の安値まで近づいてくるので、

こちらを抜けてくると、さらに強力な三役逆転が出現します。

少し戻り、再び下落、6月中旬から月末にかけて少し戻すトレンドの発生と

見込むことができますね。

 

■各市場の動き

日経:14,042.17 -33.08 21日

NYダウ(ドル) 16,374.31 -137.55 20日

ドル/円:101.17 – .20 -0.21円高 21日 15:19

2014年5月21日日経Daily00