TOPICS

2014/06/02

2014年6月02日日経概況

2014年6月02日の

東京株式市場は大きく反発して2ヶ月ぶりの高値をつけました。

終値は前週末比303円54銭(2.07%)高の1万4935円92銭で、

4月4日以来約2カ月ぶりの高値でした。

 

上昇の材料は

①前週末の米株式市場でNYダウ30種平均、S&P500が

小幅ではあるが、過去最高値を更新したこと、

②1日に発表された5月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が改善したこと、

③円相場が一時1ドル=102円台まで下落する円安に流れる

この3つでした。

 

3つの要因を好感し、投資家心理を改善させました。

業種別株価指数(33業種)は全て上昇し、

特に米景気の堅調な見通しから

トヨタ、ホンダなどの輸出関連株などが買われ、

上昇をリードしました。

東証1部の売買代金は概算で1兆8801億円、売買高は20億3751万株で

売買高では少し活況を見せつつありますが、相変わらず売買代金が

活況を示す2兆円を下回っています。

 

東証1部の値上がり銘柄数は1545、値下がり銘柄数は186、

変わらずは78でした。

 

テクニカル的には一目の下雲から離れ、

遅行線も株価を上に抜く、基準線と転換線がクロスすることで

三役好転が成立しています。

一次15000円まで迫ってきましたが、

こちらで一回抑えられ、次の節目として考えられる

15000-15300のレンジに挑戦するかが注目のポイントです。

(添付のチャート参照)

買いで利益になっているものは反転のサインが出ない限りは保持、

空売りはロスカットポイントに到達したらしっかり切っておく

丁寧な投資が必要です。

 

2014年6月02日日経Daily