TOPICS

2014/06/10

2014年6月10日日経概況

2014年6月10日の東京株式市場は利益確定の影響で反落しました。

終値は前日比129円20銭(0.85%)安の1万4994円80銭でした。

 

6月2日以来、約1週間ぶりに心理的な節目である

1万5000円の大台を割り込みました。

 

朝方は米株式市場で、ヨーロッパ市場の株高を好感した

買いが広がりましたが、円高がじわりと進むことや、

利益確定が継続的に出る雰囲気で売りが膨らんだ行きました。

ファンダメンタル的には週末に予定されている

日銀金融政策決定会合(12-13日)、

株価指数先物・オプション6月物の特別清算指数(SQ)算出を控え、

先物の売買に波が大きくなる可能性があります。

 

直近の急激な上昇で過熱感があることで、

一回足固めのため調整に入ることは当然の動きとも言えます。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆7289億円(速報ベース)で

2兆円に届かず、

出来高は昨日より増えて19億8003万株でした。

東証1部銘柄の値上がりは599銘柄、値下がり1062銘柄、

変わらず151銘柄でした。

 

テクニカル的には5月27日に雲を抜けながら

発生したトレンドが一服する形で、調整に入っています。

MACDは凹み、過熱度を表すサイコロジカルラインも75を

割る直前の位置まで来ています。

 

SQ清算が終わるまで調整するなら

一目の転換線が形成されている14890円付近になります。

トレンドが発生している時は転換線付近で言葉とおり

短いトレンドが転換する可能性が高いことを考慮すると、

ここまで調整、その後、再び転換とシナリオーを描いてみることができます。

 

■各市場の動き

日経:14,994.80 -129.20 10日

NYダウ(ドル) :16,943.10 +18.82 9日

ドル/円:102.31 – .32 -0.14円高 10日 14:57

 

2014年6月10日日経Daily