TOPICS

2014/06/11

2014年6月11日日経概況

2014年6月11日の東京株式市場は小幅反発しました。

終値は終値は前日比74円68銭(0.50%)高の1万5069円48銭でした。

 

1万5000円の心理的な大台を割り込んでから2日ぶりに回復しました。

 

朝方は前日の欧米株が好調だったことから、

買い安心感が広がり、買いが先行しました。

買いを後押しする材料が不足する中、

買いが先行した後は上値が重く、高値付近では売りに押されました。

 

週末に予定されている13日の特別清算指数(SQ)算出、

政府の成長戦略改定を控え、様子見ムードが強まっていることが伺えます。

しかし、下値を積極的に売り込む動きも見られない中、

一旦調整が進んだ後は、さらに上値を追う動きになっていくと

想定してもいいでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆6308億円(速報ベース)で

昨日よりさらに減って2兆円に大きく届かず、

出来高も昨日より減って17億8724万株でした。

 

テクニカル的には加熱度を示したいたテクニカル指標が

少しずつ解消を示しており、(添付のチャート参照)

調整の後は、再び上昇を準備する形として

解釈することが出来ます。

チャートの形としては昨日の陰線に包まれる持ち合いの形なので、

焦ることなく、トレンドを転換してくる銘柄を中心にピックアップする

動きでいいです。

 

■各市場の動き

日経:14,994.80 -129.20 10日

NYダウ(ドル) :16,943.10 +18.82 9日

ドル/円:102.31 – .32 -0.14円高 10日 14:57

 

2014年6月11日日経Daily