TOPICS

2014/06/12

2014年6月12日日経概況

2014年6月12日の東京株式市場は外部環境の悪化を受け、下落しました。

終値は前日比95円95銭(0.64%)安の1万4973円53銭でした。

終値で心理的節目の1万5000円台を2日ぶりに割り込みました。

1万5000円台を挟んでも攻防が続く相場です。

 

欧米株市場安や円相場の円高を背景に、利益確定売りも広がり、

朝方から売りが先行して始まりました。

その後、大きく反発する動きは見られませんでしたが、

下値のところでも節目買いが入り、

下値は限定的でした。

 

週末に予定されている13日の特別清算指数(SQ)算出、

政府の成長戦略改定を控え、様子見ムードは強まっていることを示しています。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆8596億円(速報ベース)で

活況を示す2兆円にはまだ届かず、

出来高は少し増え21億0459万株でした。

 

テクニカル的には加熱感が後退して、

テクニカル指標は当分の下げを示しています。

しかし、一目上では転換線の下にくっついており、

反発するならこのタイミングからという印象を伺わせます。

 

チャートの形としては15000円を水平にしてそのラインを

下に売り込む下落の形をしています。

昨日の解説とおり焦ることなく、

トレンドを転換してくる銘柄を中心にピックアップする

動きでいいです。

 

■各市場の動き

日経:14,973.53 -95.95 12日

NYダウ(ドル): 16,843.88 -102.04 11日 16:33

ドル/円:102.05 – .08 -0.22円高 12日 15:02