TOPICS

2014/06/16

2014年6月16日日経概況

2014年6月16日の東京株式市場は大きく反落して15000円台を再び割りました。

終値は前週末比164円55銭(1.09%)安の1万4933円29銭でした。

先週に引き続き、相変わらず1万5000円台を挟んでも攻防が続く相場です。

 

イラク、ウクライナなどの地政学的なリスクや

101円台後半へと円高方向に振れた為替相場の動きを受けたこと、

先週の急激な上昇による利益確定が重なり大きくさげました。

 

午後には一時200円超下落し、1万4900円を割り込む場面もありましたが、

大引け間際に買い戻しが入り、下げ幅を縮めて終わりました。

 

15000円台を挟んでの攻防が続くなか、

イラクやウクライナの情勢に反応しながら

当面は相場が不安定な状況になることが想定されます。

 

テクニカル的には上にいこうとするが、

ボリンジャーバンドの1σと、一目上の転換線が上値を押させて

抵抗線になっています。

MACDはMACDラインがシグナルを上から下に抜く

デッドクロスが成立しています。

 

神経質な相場の動きが想定されるので、

ポイントにならないと買いも売りもむやみに動かさない

慎重な対応が求められます。

 

■各市場の動き

日経:14,933.29 -164.55 16日

NYダウ(ドル): 16,775.74 +41.55 13日

ドル/円:101.81 – .84 -0.01円高 16日 20:24