TOPICS

2014/07/04

2014年7月4日日経概況

2014年7月4日日経概況の東京株式市場は反発しました。

終値は前日比88円84銭(0.58%)高の1万5437円13銭でした。

1月23日以来の5カ月半ぶりの高値でした。

 

前日の米国株式市場では好調な雇用統計の結果を受け、上昇

ダウ工業30種平均史上最高値を更新して17,000ドル台にのせたことで

買いが先行しました。

しかし上昇幅を伸ばすことが出来ず、15400円台にのせてくると

持ち合いの雰囲気になり、上げ幅を縮小させながらひけました。

 

材料は出尽くし、週末要因、米国の市場は本日休場になることなどから

買いを積極的に進めるには力不足では目先の利益を確定する

動きが優先しました。

またこのあたりは戻り待ちも多く待ち構えている場所でも

ありますので、一気に抜けるには力が足りませんでした。

 

膠着感を強める日経の状況を反映して

東証1部の売買代金は概算で1兆6628億円と、

2兆円を3日連続で下回っています。

売買高は19億7388万株で、東証1部の値上がり銘柄数は1135、

値下がり銘柄数は507、変わらずは172でした。

 

来週も上値を積極的に買いポジションを取ることには限界があり、

米国の状況も17,000台を達成して、売り物が出やすい展開になっていることを

考えると、上値の思い展開になる可能性が高いです。

 

テクニカル的には上昇はしたものの

今週中はずっと15,400円を挟んでの展開が続いた上に、

各種指標も過熱感が消えない状況だったので、

膠着感の強い相場を演出しています。

 

引き続き、相場全体に積極的な買い材料がないので、

個別物色傾向が続きます。

少しは落ち着いて、個別銘柄の選別に励む姿勢が必要ですね。

余計な動きでは材料によって、不要な損失を招くことがあります。

 

■各市場の動き

日経:15,437.13 +88.84 4日

NYダウ(ドル): 17,068.26 +92.02 3日

ドル/円:101.96 – .00 +0.04円安 4日