TOPICS

2014/07/10

2014年7月10日日経概況

2014年7月10日の東京株式市場は4日続落しました。

終値は前日比86円18銭(0.56%)安の1万5216円47銭でした。

 

前日の米国株式市場が上昇したことを受け、

朝方は買いが先行しました。

しかし、朝方発表された5月の機械受注統計が大幅に悪化したことを受け

売りが広がり、午後から先物にまとまった売りが膨らむと

下げ幅を拡大させました。

 

大幅に下値を売り込むような要因も見当たらないが、

上昇をリードするような材料も見当たらない中で、

日経はずっと25日移動平均線を意識しながら推移しています。

 

これからの展望は、

下にも上にもぶれそうな形で、方向感の掴みづらい

状況が続く相場だといえます。

昨日までの展望通り、

当面は、25日線をサポートにもみ合い相場が続くと思われます。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆6706億円、

売買高は19億7386万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1465、

値上がり銘柄数は260、変わらずは90でした。

 

明日の週末までは

個別物色傾向は続う見られます。

 

■各市場の動き

日経:15,216.47 -86.18 10日

NYダウ(ドル) :16,985.61 +78.99 9日

ドル/円:101.29 – .32 -0.36円高 10日