TOPICS

2014/07/15

2014年7月15日日経概況

2014年7月15日の東京株式市場は2日続伸しました。

終値は前日比98円34銭(0.64%)高い1万5395円16銭でした。

 

前日の米株式相場でダウ30種平均が大きく上昇したことを受け、

朝方から買いが先行しました。

本格化する米国企業の決算発表の中でシティーグループなど

銀行大手の4-6月決算が市場予想を上回ることで

米国株が大きく上昇しました。

 

高く始めてから上下して株価は午後から引き戻し121円77銭高で

15,400円台を超える場面もありましたが、

米国株高以外の材料は乏しく、引けにかけて上昇幅を縮小させました。

 

上昇が続かなかったもう一つの原因は

黒田日銀総裁の会見や、イエレンFRB議長の米議会証言などが

控えており、様子見ムードが広いことでした。

 

15,000円―15,500円の中で拮抗するレンジ相場であることに

かわりはなく、上昇をリードする材料が乏しい現状です。

しかし、好調が予想される日本企業の決算発表の期待感から

下値を大きく売り込むような動きもとられにくいムードが

当分広がるでしょう。

 

売買代金は概算で1兆7419億円と前日よりは上昇、

売買高も20億9293万株も若干増えています。

 

東証1部の値上がり銘柄数は1108、値下がり銘柄数は548、

変わらずは159でした。

 

テクニカル的には6月からのレンジ相場が続き、

その中で推移しています。

一目では本日の上昇で転換線を飛び出し、三役好転の続き、

遅行線も26日前の株価から抜け出しています。

やはり15,500円は一回抜け出して欲しい状況です。

 

■各市場の動き

日経:15,395.16 +98.34 15日

NYダウ(ドル) :17,055.42 +111.61 14日

ドル/円:101.57 – .60 +0.10円安 15日