TOPICS

2014/07/16

2014年7月16日日経概況

2014年7月16日の東京株式市場は3日ぶりに反落しました。

終値は前日比15円86銭(0.1%)安の1万5379円30銭でした。

 

イエレンFRB議長の金融政策リポートで

前日の米株式相場でダウ30種平均が小幅続伸、その他の指数が下げたことを受け、

方向感のない展開になりました。

 

東京の市場まで揺るがした一文は

交流サイト(SNS)やバイオ関連企業の株価の割高感を

指摘したところで、

最近上昇のトレンドを形成していたネット関連株は

まさに晴天の霹靂、多大な打撃を受けました。

 

本日の日経全体は前日の終値を挟んで、方向感のない

展開が続きましたが、ネット関連株で最近脚光を浴びていた

銘柄には大きな商いと共に影響が現れました。

LINE関係と分類されるアドウェイズが8%安、

スマートフォン(スマホ)向けゲームのエイチームも前日比5%安と急反落しました。

 

市場を動かす主力株には大きな材料なく膠着感の強める中、

投資家は少しの材料ですぐ反応し、値動きの軽さから

運用しやすいと考える中小型株に集まりました。

 

レンジ相場を抜け出すには上昇材料が欲しいところでしたが、

イエレン議長の1言で日本市場全体に重し圧し掛かった様子です。

当分は今までの流れを引きつぎ、個別銘柄の物色を中心とする相場ですが、

上値は重くなることが予想されます。

 

売買代金は概算で1兆7419億円と前日よりは上昇、

売買高も20億9293万株も若干増えています。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆6834億円、

売買高は18億4963万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は952、値上がり銘柄数は721、

変わらずは142でした。

 

■各市場の動き

日経:15,379.30 -15.86 16日

NYダウ(ドル): 17,060.68 +5.26 15日

ドル/円:101.70 – .72 +0.14円安 16日