TOPICS

2014/08/08

2014年8月8日日経概況

2014年8月8日の東京株式市場は大幅に反落しました。

終値は前日比454円00銭(2.98%)安の1万4778円37銭でした。

15,000円台の割り込みを回避した昨日の動きは空しく崩れ、

終値での1万4800円台を割り、

5月30日(1万4632円38銭)以来の安値になりました。

 

ウクライナを巡る欧米とロシアの経済制裁をしあう

地政学リスクを意識して、

前日の米株式市場はNYダウが75ドルの反落、

円高・ドル安の方向に為替市場の動きが流れると、

輸出産業を中心に下げを拡大しました。

 

週末を目前にした週末要因も加わる上に、

オバマさんがイラクへの限定空爆の承認をしたことで、

さらに懸念が広がり、海外勢の先物売りが加速

大幅な下落で終わりました。

 

日経は今週だけで745円を失う大きな下落を経験して、

一時的な三角持ち合いの上離れはダマシで終わり、下げを加速しました。

さらに高まる地政学的リスクを考慮すると、

すぐに上昇トレンドに戻るとは考え難い状況です。

 

テクニカル的には75日線、200日線の節目を一気に

割り込んで下落したことと、

一目の雲の中にもぐりこんだことで、

先行スパン2が位置する14700円あたりを下値の限度と考えたいところですが、

14500円までは考える必要があると判断します。

買いを中心に投資をする方は、損切りポイントを過ぎているはずなので

塩漬けになる前にポジションは整理すべきでしょう。

空売りのポジションを持つ方は特別なサインがない限りは

保持を続けましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆5678億円、

売買高は27億5477万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1656で9割以上が下落、

変わらずは30でした。

 

■各市場の動き

日経:14,778.37 -454.00 8日

NYダウ(ドル) :16,368.27 -75.07 7日

ドル/円:101.65 – .68 -0.63円高 8日