TOPICS

2014/08/15

2014年8月15日日経概況

2014年8月15日の東京株式市場は小幅ですが5日続伸しました。

終値は前日比3円77銭高の1万5318円34銭でした。

8月5日以来、7営業日ぶりに回復した15,300円台を辛うじて守りました。

 

相変わらず市場参加者自体が少ない中、

週末要因で持ち高を調整する動きと

外部材料がぶつかり合い、方向感のみえない

膠着相場で始終しました。

 

前日の米株式市場が61ドル超える上昇であったことに加えて、

為替市場で円相場が1ドル=102円台半ばの円安傾向に推移したことなどを

受けましたが、週末要因の売りの方も負けない力を持っていました。

また前日まで4日続伸したことで、

目先の利益を確定する動きが出やすい環境でもありました。

 

何しろ市場の参加者が少ない上にチャートの形としても

上か下かを分かり難くする位置にあるので、

様子見に回る投資家が多くなった様子です。

 

来週からはお盆休み明けで参加者が増えてくるので、

どちらかの方向感をしっかり出す動きになって欲しいところです。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆3921億円と

4月21日(1兆3074億円)以来の薄商いでした。

 

テクニカル的は15,300円台を回復したあとは持ち合い、

一目均衡表の上雲で雲上限(先行スパン1)と

転換線と基準線を一気に抜いてきた状態で膠着ました。

25日移動平均線が頭を抑えている格好は続いているので、

週明けからこちらを抜くか下に触れるかで判断を変える局面に

きています。

 

今週もお疲れ様でした。

ゆっくり休んでから、参加者が増える週明けからまた楽しく相場に向かいましょう。

 

■各市場の動き

日経:15,318.34 +3.77 15日

NYダウ(ドル): 16,713.58 +61.78 14日

ドル/円:102.51 – .54 +0.05円安 15日