TOPICS

2014/08/22

2014年8月22日日経概況

2014年8月22日の東京株式市場は10営業日ぶり小反落しました。

終値は47円01銭(0.30%)安の1万5539円19銭でした。

 

欧米株高を受けて朝方は買いが先行しました。

一時、60円余り上げて1万5628円と

取引時間中としては7月31日以来の高値を付ける場面もありました。

しかし、金曜日という週末要因に加えて、

前日まで9日続伸したことで反落しやすい雰囲気にあったこと、

23時(日本時間)に予定されているイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の

講演を控えて様子見したいというムードが広がり反落しました。

 

15,500円台が支えになり、積極的に下値を売りこむ動きも見られず、

9日続伸に伴う一時調整という色が濃い相場です。

来週からは15,5000円台を固めながら上に向かうかを確認する

動きになります。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆6737億円で、

活況の目安とされる2兆円を10日連続で下回りました。

売買高は17億5781万株で、東証1部の値下がり銘柄数は1181、

値上がり銘柄数は493、変わらずは143でした。

 

■各市場の動き

日経:15,539.19 -47.01 22日

NYダウ(ドル) :17,039.49 +60.36 21日 16:31

ドル/円:103.72 – .74 -0.10円高 22日