TOPICS

2014/08/27

2014年8月27日日経概況

2014年8月27日の東京株式市場は小幅反発しました。

終値は前日比13円60銭(0.1%)高の1万5534円82銭でした。

 

米国経済指標の好調な動きを受け、米国市場は堅調な動きでした。

米ダウ工業株30種平均は続伸、

S&P500種株価指数も史上初

終値ベースで2000に乗せた歴史的な日になりました。

ヨーロッパの株価指数も上昇するなど、

欧米市場の堅調な動きを受け、朝方から日本株には買いが先行しました。

 

買いが先行した後は、方向感に欠いた動きで55円まで下げる

場面もありましたが、ファストリーやソフトバンクなど

値かさ株の寄与度が大きくて辛うじて上昇しました。

実際に上げるといえるほどの上昇にはつながっていません。

 

資金の性格的は短期の資金が頻繁に売り買いを繰り返す様子で

値動きが軽く、手がけやすい中・小型株に商いは集中しています。

中・長期資金が本気で入ってきてない状況は続いているので、

今の持ち合いを抜け出すには材料不足だという印象が否めません。

 

保有株はじっくり利益を伸ばす、損切りは少し深めに入れて

ゆったりと構える今までのスタンスを続けましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆6235億円と

活況の目安とされる2兆円を13日続けて下回りました。

売買高は20億5155万株で、東証1部の値上がり銘柄数は946、

値下がり銘柄数は697、変わらずは170でした。

 

テクニカル的には先週末に続く持ち合いから

抜け出すところか、形としては下降の形になりました。

ボリンジャーバンドの1σと一目均衡表の転換線に

挟まれた形で、一目が生きるなら明日以降の反発を確認したいところです。

 

■各市場の動き

日経:15,534.82 +13.60 27日

NYダウ(ドル) :17,106.70 +29.83 26日 16:33

ドル/円:103.92 – .94 +0.04円安 27日