TOPICS

2014/08/29

2014年8月29日日経概況

8月最後の相場だった2014年8月29日の

東京株式市場は小幅続落しました。

終値は前日比35円27銭(0.23%)安の1万5424円59銭でした。

2週間ぶりの安値水準までさげてきました。

 

ウクライナ情勢が緊迫したことを受け米国市場は下落しました。

ダウ平均は42.44ドル安の17079.57、ナスダックは11.93ポイント安の4557.70で、

動きとしは引けにかけて下落幅を縮小する動きでした。

 

米国市場の軟調を受け、日経も売りが先行して寄り付きました。

市場の材料として認識されていた個人消費は

朝方総務省が発表、7月の個人消費はマイナス5.9%と

6月の3.0%から拡大している非常に悪い結果でした。

それを受け、下げ幅を100円以上に広げる場面もありました。

 

後場に入ると株価指数先物に買い戻しが入り、

徐々に下げ幅を縮めました。

個人的な感想としては、外部要因と朝方の悪材料から考えると

かなり守った成績だと思える幅でした。

 

来週はここから反発を試みて、上値抵抗線としてずっと働いている

15,500円の壁にもう一度挑戦するか、注目です。

 

 

東証1部の売買金額は概算で1兆8052億円と、

2兆円を15営業日連続で下回りましたが、

週末要因で売り・買いが交錯し、昨日よりは膨らみました。

売買高は20億5937万株で、東証1部の値下がり銘柄数は949、

値上がりは694、変わらずは175でした。

 

テクニカル的には十字架に近いキャンドルの形、

下値では25日線か意識され、引けにかけて戻した格好になりました。

一目では支えになっていた転換線を下に割り込み、

上雲の上限に近づいています。

来週は今日の安値を割り込んで、上限まで突き抜けて雲の中に入るのかが

注目ポイントです。

月足で振り返ると8月の日経平均は196円18銭(1.26%)安で、

月足での下落は4カ月ぶりなりました。

 

■各市場の動き

日経:15,424.59 -35.27 29日

NYダウ(ドル) 17,079.57: -42.44 28日

ドル/円:103.96 – .98 +0.21円安 29日