TOPICS

2014/09/04

2014年9月4日日経概況

2014年9月4日の東京株式市場は4営業日ぶりに反落しました。

終値は前日比52円17銭(0.33%)安の1万5676円18銭でした。

昨日の上昇分をちょうど打ち消すほどの下げでした。

 

円安基調が一服したこと、

3日に渡る短期の急上昇に伴う利益確定の動きが優勢で

朝方から売りが先行しました。

市場の注目を集めていた日銀の金融政策決定会合結果は

金融政策の現状維持という想定通りの結果で

下げ幅を拡大する要因にはなりませんでした。

 

15:30より始まった黒田日銀総裁の会見では

国内景気の先行きについて「緩やかな回復を続ける」との見通しを述べた上で、

消費に関しては「消費増税に伴う反動の影響は徐々に薄らいでいく」という見方を

維持する発言をしています。

それは薄らいでいくだろう、「ご飯を食べるとおなかいっぱいになりますよ」的な、

当たり前の内容ですが、市場予想を大きく裏切ってはないので、

影響も限定的だと思われます。

 

今日の下げが以前の下げと異なる点は

本格的な下げではなく、利益確定が優勢な点、

先高観が強い雰囲気で安値では押し目買いが入る点、

下げというよりはECB理事会、雇用統計などのイベントを控えての様子見と判断できる点。

以上を踏まえて地合はいいと考えることができます。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆7404億円と、

活況の目安とされる2兆円を再び下回りました。

やはり様子見ムードが強いですね。

東証1部の売買高は21億235万株で、東証1部の値上がり銘柄数は403、

値下がり銘柄数は1287と全体の7割、

変わらずは130でした。

 

テクニカル的にはボリンジャーバンドの2σで頭を抑えられ、

15,700円を割り込みましたが、

15,600円台の中で推移、ここをさらに割り込むかが注目ポイントです。

75日線は以前と上向きですが、

一目では遅行線が株価に重なり、3役好転のサインは消えました。

 

■各市場の動き

日経:15,676.18 -52.17 4日

NYダウ(ドル) 17,078.28 +10.72 3日

ドル/円:104.92 – .94 -0.03円高 4日