TOPICS

2014/09/05

2014年9月5日日経概況

2014年9月5日の

東京株式市場は小幅に続落しました。

終値は前日比7円50銭(0.05%)安い1万5668円68銭でした。

相場の状態を表すような持ち合いの様子です。

 

ECBが4日の定例理事会で、

市場予想に反して政策金利の引き下げ及び

資産担保証券(ABS)の買い入れを10月から実施することを決めたことで

ユーロが大暴落、ドル高が進みました。

ドル高は円安基調に波及し、

東京外国為替市場では1ドル=105円台後半と

5年11カ月ぶりの安値を付けました。

そのことを受け、輸出関連株に買いが先行、

日経は100円を超える上昇を見せる場面もありました。

 

しかし、利益確定が出やすい週末要因に加えて、

今夜の雇用統計を控えて様子見ムードが広がり

上昇分を打ち消しては続落で引けました。

 

15,500円壁は抜け出しましたが、今度は15,800円に近づくと

反落するなど、新たな壁にぶつかる様子です。

市場の注目を集めていた国内要因はほとんど出尽くしたところで

市場を牽引する円安という要因が来週も続くかによって

相場への影響も考える週間になる見通しです。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆6980億円と、

活況の目安となる2兆円を2日連続で下回りました。

売買高は20億2682万株で東証1部の値下がり銘柄数は1044、

値上がり銘柄数は603、変わらずは175でした。

 

テクニカル的には相変わらず横ばいのボリンジャーバンドの1σと2σで推移、

持ち合いの様子です。

今日のキャンドルは実体が大きいが、昨日のキャンドルから考えると持ち合い、

壁になりつつある15,800円の突破にエネルギーが必要な印象を受けます。

 

■各市場の動き

日経:15,668.68 -7.50 5日

NYダウ(ドル) :17,069.58 -8.70 4日

ドル/円:105.31 – .34 +0.37円安 5日