TOPICS

2014/09/11

2014年9月11日日経概況

2014年9月11日の

東京株式市場は大幅に4日続伸しました。

終値は前日比120円42銭(0.76%)高の1万5909円20銭でした。

 

大引けで1万5900円台に乗せるのは

1月10日以来約8カ月ぶりのことで、

壁として認識されてきた1万5800円台を一気に抜いてきました。

 

ほぼ横ばいだったヨーロッパ株式市場とは反対に

前日の米国株式市場はしっかり、

ダウ平均は54.84ドル高の17068.71、

ナスダックは34.24ポイント高の4586.52で引けました。

 

円相場が08年9月以来6年ぶりの

1ドル=107円台まで円安が進むと、朝方から買いが先行しました。

輸出関連株を中心に大型株の方に資金が流れて、

朝方90円高から陽線で引けるしっかりした動きを見せました。

 

さらに上げ幅を牽引したのは黒田日銀総裁の発言で

「(物価)目標の達成に困難をきたすような状況が出てくれば、

躊躇なく追加(金融)緩和だろうと何だろうと調整を行っていく」と述べたことで

追加金融緩和観測が市場に広がったとみられます。

 

加速する円安を背景にした相場なので、それが一服したときの

相場の反応が注目のポイントになりますが、

上昇トレンドを継続しているのは間違いないので、

今さら天井圏のものを狙うより、大型・輸出関連で

出遅れている銘柄を選別する動きがいいでしょう。

 

また4日にわたる急上昇に加えて明日は金曜日の週末なので、

目先の利益を確定する調整の動きが出る可能性が高い状況です。

下値を売込む動きはとりづらい相場なので、

利益確定サインが出たら素直に取っていく姿勢が必要です。

それ以外は慌てずじっくり構えて利益を伸ばしていきます。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆904億円と、

2兆円を9月3日以来6営業日ぶりに上回りました。

売買高は21億3187万株でこちらも上昇、

東証1部の値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は840、

変わらずは167でした。

 

テクニカル的には雰囲気が昨日引き続き陽線引きで、

空をあけて上昇するしっかりした動き。

壁になっていた15,800円もしっかり抜けてきました。

残りはこれがダマシでおわらないことを確認するために

15,800円台が支えになって上昇基調を継続するかを

見極めることです。(添付のチャートを参照してください)

週足は9ヶ月に渡る三角形のパターンを今週で抜け出した形で

さらなる上離れを期待させる動きです。

 

■各市場の動き

日経:15,788.78 +39.63 10日

NYダウ(ドル) :17,013.87 -97.55 9日

ドル/円:106.66 – .68 +0.35円安 10日

2014年9月11日日経Daily