TOPICS

2014/09/16

2014年9月16日日経概況

2014年9月16日の東京株式市場は6日ぶりに反落しました。

終値は前週末比36円76銭(0.23%)安い1万5911円53銭でした。

 

特に下げる要因はなく、

5日間あげてきた反動でそろそろ利益をとる動きになっても

いいタイミングでした。

次の上昇のためには

一回休みを挟んだ方がいいですね。

 

ヨーロッパの株式市場は小幅安、ロンドン市場は持ち合いで、

NY市場はまちまちでした。

ダウ平均が43.63ドル高の17031.14、

ナスダックは48.70ポイント安の4518.90で幅のある下落になりました。

ナスダックではアリババのIPO仮条件が60ド

ルー66ドルから66ドル68ドルへと引き上げられた事で

フェイスブックなどは相対的に下落する羽目になりました。

 

日経はナスダックの下落を引きずる形で50円安値始まりましたが、

安値は77円安の小幅で底堅さを演出しました。

FOMCのイベントを控えている状況から考えると

底値は堅い上に、売買代金が2兆円を超えてきたことは

前向きに捕らえていいことです。

 

少しの調整を挟むことになりますが、先高観には変わりなし、

調整の間に押し目に来た銘柄は積極的に拾いましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆317億円、

2兆円を超えていますが、連日ソフトバンクが一人で頑張るような印象です。

一人で東証1部売買代金の14%を占めるほどです。

売買高は18億6623万株で、東証1部の値上がり銘柄数は878、

値下がり銘柄数は802、変わらずは148でした。

 

テクニカル的には空をあけたキャンドルで作られた高値圏で

持ち合いを形成、先週末よりは形として下落しています。

ただ、3日連続で朝方より引けが高い陽線を形成することで、

地合のよさを伺えます。

ボリンジャーバンドの向きは上向きに継続、

2σを押し上げる形で続いています。

MACDは本日ヒストグラムが凹むことで、短期調整の可能性を

見せる形になりました。

相場への姿勢は先週あいたギャップを埋めない限りは

持っている銘柄の保持、すでに利益を取ったものに関しては

調整終わりをしっかり確認しましょう。

 

■各市場の動き

日経:15,911.53 -36.76 16日

NYダウ(ドル) :17,031.14 +43.63 15日

ドル:/円107.27 – .30 +0.08円安 16日