TOPICS

2014/09/29

2014年9月29日日経概況

2014年9月29日の東京株式市場は反発しました。

終値は前週末比80円78銭(0.50%)高の1万6310円64銭でした。

 

先週末の米国株式は大幅に上昇。

NYダウが前日比167.35ドル高の1万7113.15ドル、

ナスダック総合指数が45.446ポイント高の4512.194ポイントで引けました。

欧州株式市場も上昇、円安・ドル高の流れが進行したことをうけて

109円高く寄り付きました。

 

上値が重い展開が続き、押される場面もありましたが、

安倍首相が、本日の衆院本会議で所信表明演説し、

経済最優先で政権運営にあたる方針を示すと

政策発動への期待感から終盤にかけて再び持ち直して、

80円高で引けました。

 

この4営業日の動きをみると

乱高下を繰り返し、方向感の定まらない期間ですが、

長期的な観点からすると高値圏においての持ち合い中です。

 

過熱感はそこまで強くない中で、すこし足踏みしてから

次の上昇を準備する形になっています。

乱高下に惑わされず、ポイントに来てないものは

仕掛けない、持っているものは保持でいいでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆7794億円で、

今月17日以来、7営業日ぶりに2兆円を下回りました。

売買高は18億5339万株で、東証1部の値上がり銘柄数は1035、

値下がり銘柄数は652、変わらずは136でした。

 

テクニカル的にはボリンジャーバンドの2σを境に

出たり入ったりと、直近では落ち着かない様子。

基本的には上昇トレンド継続に重みをおき、

持ち合いを抜け出し、一段上昇、

年末にかけて1万7,000円台を目指す動きになりそうです。

 

■各市場の動き

日経:16,310.64 +80.78 29日 大引

NYダウ(ドル): 17,113.15 +167.35 26日 16:31

ドル/円:109.55 – .58 +0.59円安 29日