TOPICS

2014/09/30

2014年9月30日日経概況

2014年9月30日の東京株式市場は反落しました。

終値は前日比137円12銭(0.84%)安の1万6173円52銭でした。

 

香港で広がる民主化を求めるデモが激化して、

地政学的リスクを意識した米株式市場が下落しました。

NYダウが前日比41.93ドル安の1万7071.22ドル、

ナスダック総合指数が6.34ポイント安の4505.85ポイントで

両方とも下落して引けました。

 

その流れをうけ、日経は50円安くスタートし、

朝方に発表された国内の経済指標が市場予想を下回る内容だった

ことで投資家心理が一段と冷えこみました。

 

下げ幅を拡大して251円まで下げる場面がありましたが、

下値では押し目買いが入り、下げ幅を縮小、

137円安で本日の取引を終えました。

 

月末の要因と、地政学的リスクなどの要因を考慮すると

驚くほどの下げとは判断されず、

むしろ押し目買いはしっかり入ることから

先に対する悲観は持たなくてもよいと考えられます。

 

また明日予定されている日銀の9月の企業短期経済観測調査(短期)、

週末の米雇用統計などのイベントを前に様子見ムードが強く、

無題に乱高下を繰り返している側面はあります。

 

注目のイベントをこなし、主要企業の第2四半期決算発表が

本格化しながら上方修正が発表されると、

本来のトレンドを回復すると判断できます。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆2798億円で、

活況の目安になる2兆円を回復しましたが、月末要因が大きいと見られます。

売買高は23億3895万株で、東証1部の値下がり銘柄数は1378、

値上がり銘柄数は357、変わらずは88でした。

 

テクニカル的には先週空をあけて上がってきた

16,100円ー16,250円のレンジの中に納まる持ち合い中。

終値で1σあたりを押してきているので、今週は調整が続く可能性があります。

現在のレンジで下抜かず、戻ってくるかを確認するのが

次のポイントになります。

 

■各市場の動き

日経:16,173.52 -137.12 30日

NYダウ(ドル) :17,071.22 -41.93 29日

ドル/円:109.40 – .42 -0.20円高 30日