TOPICS

2014/10/08

2014年10月6日日経概況

2014年10月6日の東京株式市場は大幅に続伸しました。

終値は先週末比182円30銭(1.16%)高の1万5890円95銭でした。

 

先週末に発表された米国雇用統計が市場予想を

大幅に上回ったことで、米国の市場が一斉に上昇、

為替相場では1ドル=109円の落ち着いた動きを見せたことを受け、

日経も朝方から買いが先行しました。

 

先週は大きな下落を経験し、500円以上下げる場面もあるなど

市場環境としては節目で、反発狙いが広がる状況でもありました。

 

上げ幅を拡大していき

後場には250円超高い1万5900円台後半まで

上昇する場面もありましたが、上値付近では、

利益確定と戻り待ちの売りが膨らみ

引けにかけては上げ幅を縮小させました。

 

東証1部の売買代金が1兆9845億円(速報ベース)で、

1週間ぶりに2兆円の大台を下回ることで、

取引量を伴ってない上昇で、

どれだけの力が継続的に発揮できるか、不安材料にはなりますが、

投資家が節目買いをいれ、先高観を強めていることには

まちがいありません。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆9845億円、

売買高は20億26万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は全体の85%にあたる1571、

値下がり銘柄数は194、変わらずは65でした。

全33業種のうち、鉱業を除く32業種が上昇する全面高の相場です。

 

■各市場の動き

日経:15,890.95 +182.30 6日

NYダウ(ドル) 17,009.69 +208.64 3日

ドル/円:109.50 – .55 +0.75円安 6日