TOPICS

2014/10/08

2014年10月8日日経概況

2014年10月8日の東京株式市場は大幅に続落しました。

終値は前日比187円85銭(1.19%)安の1万5595円98銭でした。

2日の大幅な続落でリスクを回避する動きが加速しています。

 

7日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が続落、

下げ幅は272ドルに達しました。

東京市場は、NY株式市場の大幅下落の流れを引き継ぎ、

幅広い銘柄で売りが優勢スタートしました。

日経平均株価は、始値15,574円と前日終値15,783円から

209円安くスタートしましたが、

大きく値を戻すことなく、またそれ以上割り込む暴落も演出せずに、

-187円で取引を終了しました。

 

昨日のメールマガジンでは、もうちょっと調整する可能性がありますと

記述しましたが、一旦はその動きになっています。

後は支えになることが期待される今の安値レベルを

さらに切り下げ、深めの調整に入るかが確認ポイントです。

ロスカットポイントになったものはしっかり切っておきましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆1732億円、

売買高は22億9255万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1437、値上がりは326、

変わらずは67でした。

 

テクニカル的には75日まで大きく売り込まれたが、

心理的な節目となる1万5500円の目前に下げ止まりました。

一目では、遅行線が株価のところに沈んでしまい、

三役好転のサインが消えました。

やはり上雲の上のへんまでは調整してくる

可能性がありますが、明日は自立反発を一回期待しても

いいタイミングに来ています。

 

■各市場の動き

日経:15,595.98 -187.85 8日

NYダウ(ドル): 16,719.39 -272.52 7日

ドル/円:108.06 – .12 -0.44円高 8日