TOPICS

2014/10/14

2014年10月10日日経概況

2014年10月10日の東京株式市場は大幅に続落しました。

終値は前日比178円38銭(1.15%)安い1万5300円55銭でした。

後200-300円ほど調整の可能性があるという

昨日の記述通りに動きました。

 

米株式市場ではダウ工業株30種平均が今年最大の下げ幅を記録、

下げ幅は334.97ドルに達し、全面安になりました。

CMEの日経先物もー170円で、下げてのスタートがほぼ確定した

状態で、東京市場は200円を超える下げ幅を記録しながら

寄り付きました。

 

ダウの上昇にも下落で答えたほど弱気になって東京市場は

上げる材料が全く見つからないまま、

下げには下げで素直に答えてしまいました。

次の節目として考えられた15,200円に近づくと

少し値を戻し、15,3000円台をキープしました。

 

谷が深い分、これから山に向かって反発するにも、

節目のところでは戻り待ちの売りが待っているので、

戻りの時間が急速に短くなることはなりにくい状況っです。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆6877億円で、

連続で2兆円は超えています。

売買高は28億5163万株で、東証1部の値下がり銘柄数は1664、

値上がり銘柄数は125、変わらずは43でした。

 

今週は大変な調整が入る週間でした。

しっかり3連休を休んで、元気な姿で再会しましょう。

よい週末を!

 

■各市場の動き

日経:5,300.55 -178.38 10日

NYダウ(ドル) :16,659.25 -334.97 9日

ドル/円:108.01 – .04 +0.38円安 10日