TOPICS

2014/10/16

2014年10月16日日経概況

2014年10月16日の東京株式市場は大幅反落しました。

終値は前日比335円14銭(2.22%)安の1万4738円38銭でした。

5月30日(1万4632円38銭)以来およそ

5カ月ぶりの安値で取引を完了しました。

 

米国市場では前日発表された米経済指標が軒並み

市場予想を下回り、大幅に下落しました。

NYダウが前日比173.45ドル安の1万6141.74ドルと5日続落、

ナスダック総合指数は11.853ポイント安の4215.318ポイントと

反落して取引を終了しました。

為替相場では急激な円高が進み、1ドル105円まで進みました。

 

米国市場と円相場の流れをそのまま引きつき、

朝から全面安の展開となり、午後は一時期、黒田さんの発言で

値を戻す場面もありましたが、

押し目を拾うところもまともに見せずに、

安く引けました。

輸出関連株を中心とした為替関連株に売りがふくらみ、

ホンダは年初来安値を更新するなど冴えない動きか続いています。

 

当分上値を回復するには相当な力必要な模様ですが、

売買高がまだ2兆円台で、相場全体がパニックに落ちいているとも

思えない安定さなので、時間をかけながら回復に向かうことになると想定されます。

 

上げで仕掛けても中々利益は取れない上に、少し上げたところで

戻り待ちの売りを浴びせられる可能性があるので、

慎重に取り組む必要があります。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆7647億円、

売買高は30億3750万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は全銘柄の約95%にあたる1737、

値上がり銘柄数は83、変わらずは12でした。

 

テクニカル的には8月8日の安値も割り込み

長期的な上昇トレンドにもあやふやな雰囲気になってきました。

2013年12月より2014年2月まで14%下落ことを考慮し、

前回の下げを踏襲するなら下げ余地がまだ残っています。

 

■各市場の動き

日経:14,738.38 -335.14 16日

NYダウ(ドル): 16,141.74 -173.45 15日

ドル/円:106.06 – .10 -1.16円高 16日

2014年10月16日日経Daily