TOPICS

2014/10/21

2014年10月21日日経概況

2014年10月21日の東京株式市場は大幅に反落しました。

終値は前日比306円95銭(2.03%)安の1万4804円28銭でした。

今年最大の上げ幅だった、昨日の上昇分はなくなりました。

 

だった1日で1万5000円台を再び割ってしまいました。

前日のNY市場は上昇でした。

ダウ平均は19.26ドル高の16399.67、

ナスダックは57.64ポイント高の4316.07で引けました。

為替相場はやや円高にふれたものの、

前日の米株高を受けて小高い水準で始まりました。

しかし、前日に今年最大の上げ幅で急伸した反動で

利益確定売りが出た上に、

日本時間午前に中国で発表された7~9月期の実質国内総生産(GDP)の

成長率が5年半ぶりの低水準となり

投資家心理が冷え込みました。

 

上昇の材料になるようなことが足りない中、

海外市場での不透明感も強く残っているため、

当面は乱高下が続く可能性が高いです。

 

上げ、空売り、どちらも明確な方向にはなっていませんが

短期の戦略を組み合わせながら、次のトレンドを待つ

戦略で行きましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆412億円、

売買高は22億5566万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1574、

値上がり銘柄数は209、変わらずは50でした。

 

テクニカル的には今日の反落で昨日の上昇分をすべて

打ち消す形になりました。

昨日のコメントではで

「テクニカルだけで判断するなら200日線に上値を抑えられ

反落する可能性のある形」と分析しましたが、

そのままわかりやすく現れました。

乱高下を繰り返しているので、

成績が芳しくない場合は、この動きが止まるまで

休むのも有効な解決策の一つです。

 

明日はまたどっちに飛ぶかわからない状態なので、

当分はじっくり構えていたいですね。

 

■各市場の動き

日経:14,804.28 -306.95 21日

NYダウ(ドル) 16,399.67 +19.26 20日

ドル/円:106.63 – .66 -0.44円高 21日