TOPICS

2014/10/22

2014年10月22日日経概況

2014年10月22日の東京株式市場は大幅に反発しました。

終値は前日比391円49銭(2.64%)高い1万5195円77銭でした。

ほぼ本日の高値でぬけたことで、直近の持ち合いを抜け出し、

しばらくの戻りトレンドが発生した可能性があります。

 

直近乱高下を続けていた反動と

欧米の株式市場が堅調だったことに加えて、

為替市場では円安の方向に触れたことで、

朝から買いが先行しました。

 

300円強あげた後は、早速利益確定の動きが出て

上げ幅を縮小させる動きもありましたが、

引けにかけて先物主導で本日の高値でひけました。

 

大きく上げ下げを売り返す乱高下の相場模様ですが、

ここ一週間の持ち合いを少し抜け出した形になっています。

まだ明確なトレンドを形成するには材料不足で、

戻り基調に加えて、本格化する企業の業績発表が

固い数字で並ぶと上昇基調を回復するのがポイントになります。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆805億円で、

2兆円以上の日が続いています。

売買高は21億3204万株で、

東証1部の値上がり銘柄数は全体の95%にあたる1742、

値下がり銘柄数は73、変わらずは18でした。

 

テクニカル的には今日の上昇で、

頭を抑えていた200日線を抜け出しています。

次のポイントは10月9日-10日、10月10日―14日にあいた

連続のギャップ(窓)を埋められるかになります。

 

投資戦略は、空売りの玉組は少し軽くし、

買いのチャンスが到来しているものには少しずつ戻しをためす

買いを入れましょう。

但し、決算の発表スケジュールは確認してから入ることを

忘れないでください。

 

■各市場の動き

日経:15,195.77 +391.49 22日

NYダウ(ドル) :16,614.81 +215.14 21日

ドル/円:106.86 – .90 +0.30円安 22日