TOPICS

2014/10/29

2014年10月29日日経概況

2014年10月29日の東京株式市場は反発しました。

終値は前日比224円00銭(1.46%)高の1万5553円91銭でした。

10月8日以来、3週間ぶりに1万5500円台を回復して来ました。

 

前日の欧米株式市場は全般的に堅調な動きで

NY市場はダウ30平均が187.81ドル高で17005.75、

大幅な続伸でした。ナスダックも78.36ポイント高の4564.29で

取引を終え、堅調な動きを続けました。

 

米ダウが1万7000ドル台を回復した流れを受け、

122円高でスタートしました。

 

後場寄り直後に1万5600円台に近づく場面もありましたが、

日本時間30日未明に米連邦公開市場委員会(FOMC)の

結果発表を控えていることが意識され、

上値が重くなり、224円高で引けました。

 

本日の上昇で目を引くところは

2兆円を1週間ぶりに超える活況で、

投資家心理が改善してきたことです。

 

調整局面を思ったより早くぬけてきましたが、

テクニカル的には(後術のテクニカルパート参照)

微妙なところで止まっているので、

警戒は必要です。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆1006億円で、

1週間ぶりの2兆円超え、商いを伴う望ましい上昇の形になってきました。

売買高は21億8717万株で、東証1部の値上がり銘柄数は1546、

値下がりは225、変わらずは59でした。

全体銘柄の8割が上昇してきました。

 

テクニカル的には日経平均株価の9月25日の16,374円から

17日安値の14,529円まで1,845円幅の下落に対する

下げ幅の半値戻しである15,451円を達成してから、

1日の調整、今日でその線を超えてきました。

25日線と75日線がデッドクロスするところで止まっており、

一目でみても上雲の下にぶつかって分岐点に立っている

チャート模様です。

ここからの急落には十分注意が必要です。

 

■各市場の動き

日経:15,553.91 +224.00 29日

NYダウ(ドル) :17,005.75 +187.81 28日

ドル/円:108.07 – .10 +0.24円安 29日