TOPICS

2014/10/30

2014年10月30日日経概況

2014年10月30日の東京株式市場は続伸しました。

終値は前日比104円29銭(0.67%)高の1万5658円20銭でした。

1万5,600円台を回復すると同時に

高値圏で引けることで、相場の力強さを印象づける1日でした。

 

直近の大きな材料になっていた

前日の米連邦準備理事会(FRB)は、

量的金融緩和第3弾(QE3)の終了を決め

ゼロ金利は相当期間維持するとの声明文が出されました。

市場の予想通りとなったこれを受け、大きな影響は与えず、

好調な主要企業決算が好感されて買い先行で始まりましたが、

方向感の動きに始終、下落に転じたあとは、

下げ幅を縮小しながら引けました。

NY市場は小幅の下落で、ダウ30平均は31.44ドル安の16974.31、

ナスダックは15.07ポイント安の4549.23で引けました。

 

日本市場はFOMCの声明結果を受け、

ドル・円相場で円安が進行したことが好感され、

主力株を中心に買いが先行、44円高く始まりました。

1ドル=109円近辺の円安基調を背景に、後場は上げ幅を拡大しながら

午後2時29分には147円13銭高の1万5701円04銭と、

1万5,700円台にのせる場面もありましたが、

引けにかけて上げ幅を縮小させました。

 

昨日は分岐点になるような位置にあると解説しましたが、

力強く、上に向かってぬけてきました。

当分この調子を維持したいところですが、

早速明日は月末で金曜日というアノマリーで

まずは目先の利益を確定する動きが想定されます。

しっかり利益は確保しながら上値を追っていく姿勢が必要です。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆7740億円の大商いで、

商いの増加を伴う望ましい上昇の形を続けています。

売買高は27億9585万株で、東証1部の値上がり銘柄数は917、

値下がりは806、変わらずは109でした。

 

テクニカル的には

25日線と75日線がデッドクロスした日に

そのポイントを飛び出す奇妙な形となり、

1万5,600円に落ち着いてきました。

気になるポイントは5月21日、8月8日、10月9日を結ぶ

パーティションの下まで戻ってきて、

このパーティションが壁として、上値を抑えるかの確認です。

 

■各市場の動き

日経:15,658.20 +104.29 30日

NYダウ(ドル): 16,974.31 -31.44 29日

ドル/円:109.09 – .11 +1.02円安 30日