TOPICS

2014/11/06

2014年11月05日日経概況

2014年11月05日の東京株式市場は5日続伸しました。

終値は前日比74円85銭高(0.44%)高い1万6937円32銭でした。

約7年ぶりの高値を更新し続けています。

 

ロンドンを始とする、ヨーロッパの株式市場は下落、

米国市場はまちまちでした。

ダウ平均は17.60ドル高の17383.84、

ナスダックは15.27イント安の4623.64で引けました。

中間選挙を前にして積極的な買いは控えられました。

また連日の上昇による利益確定が出るタイミングでもありました。

 

米国市場が大きな材料にはならない中、

日本市場は連日の高値更新による利益確定売りで、

午前中は下げに転じる場面もありましたが、

トレンド発生時の特徴をそのまま明らかにし、

確定して利益でまた買ってくる展開になりました。

上げ幅は100円を超える場面もありましたが、

引けにかけて再び利益確定に押されて、上げ幅を縮小させました。

 

多くの銘柄は日経に連動し、下げてから値を戻す動きをみせています。

押し目待ちに押し目なしというのはこのようなことで、

もっている銘柄の利益は伸びるか停滞気味なのに

新たに仕掛けるのは難しい状況です。

しかし、利益確定が出て調整に入る主要銘柄も増え始めているので、

調整後の戻りに期待しましょう。

 

相場に対する見方は先高観を当分維持しましょう。

 

テクニカル的には

すべての指標を抜け出すスプラッシュ状態の継続、

追いついてきたボリンジャーバンドの2σあたりに

接近する失速感を出しています。

トレンドがある時は、ここから急速に切り替えして

上昇継続になることが多いので、チャンスが到来したものは

積極的に買い進むことにしましょう。

同時に利益確定が大きく出始めると一気に上昇幅を打ち消すので、

すかさず利益を取る動きをしてください。

 

■各市場の動き

日経:6,937.32 +74.85 5日

NYダウ(ドル) :17,383.84 +17.60 4日

ドル/円:114.12 – .14 +0.55円安 5日