TOPICS

2014/11/06

2014年11月06日日経概況

2014年11月06日の東京株式市場は6日ぶりに反落しました。

終値は前日比144円84銭(0.86%)安の1万6792円48銭でした。

昨日の解説通り、利益確定のタイミングにきているものが

現れた、当然の動きといえます。

 

NY市場はまちまち。

ダウ平均は100.69ドル高の17484.53、

S&P500は11.47高の2023.57と

両方とも終値で過去最高値を更新して来ましたが、

ナスダックは2.91ポイント安の4620.72で終了しています。

 

過去最高値を更新した動きを好感して、

朝方は上げて始まり、100以上上昇する場面もありましたが、

午後から相場が荒れる展開でした。

 

一次115円まで進んだ流れを受けてあげる、

先物に仕掛け的な売りが出て下げ幅を200以上に広げる場面が見られたりと、

急速な上げからくる調整の悩みが鮮明になった一日でした。

 

利益確定のサインが出ている銘柄に関しては

出硬く利益を取るタイミングでした。

ここから望ましい形は、明日までは週末要因で調整して、

押し目を作った後、転換してあげてくれることですが、

トレンドが強い時は、反転も急激に来ることがよくあるので、

再度入るには悩ましいタイミングに来ています。

 

確定した利益で短い転換でも買い向かう心得でいたいところです。

 

東証1部の売買代金は概算で3兆2452億円で、

相変わらず3挑円を超える活況ぶり、

売買高は31億8648万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は345、変わらずは70で、

値下がり銘柄数が全体の77%にあたる1418に達しました。

 

テクニカル的には昨日のキャンドルを包む

持ち合いで、天井圏における典型的な荒れ相場を演出しています。

ここで10月31日に空けた空を空けずに下にぬけると

アイランドリバーサル状態になり、

当分相場の流れが調整に入ります。

しかし、相場はまだまだ強い状態なので、

明確なサイン以外は空売りを仕掛けるなどの動きは

控えた方がいいでしょう。

 

■各市場の動き

日経:16,792.48 -144.84 6日

NYダウ(ドル): 17,484.53 +100.69 5日

ドル/円:114.48 – .49 +0.07円安 6日