TOPICS

2014/11/11

2014年11月10日日経概況

2014年11月10日の東京株式市場は反落しました。

終値は前週末比99円85銭(0.59%)安い1万6780円53銭でした。

短期間の急騰による利益確定が出ることで、

過熱感を解消する相場でした。

 

先週末の米国株式市場はまちまちな動きで、

ダウ平均は19.46ドル高の17573.93、

ナスダックは5.94ポイント安の4632.53で引けました。

 

朝方発表された10月の雇用統計で

非農業部門雇用者数が市場予想を下回る21万4千人増に終わったことで、

前日終値を挟んだもみ合いを見せました。

 

為替市場では円安傾向が一服し、一次113円まで円高が進み、

100円を超える下落幅でスタートしました。

160円まで下げ幅を拡大する場面もありましたが

下値では押し目を拾う動きが強いため、

下げ幅を縮小、99円安のところで引けました。

 

高値圏での持ち合いが続く中、

これといった上昇要因は見られませんが、

下値を積極的に売り込む動きもとりづらいことから

今週は持ち合いが少し続くと予想されます。

 

高値圏での持ち合いなので、下に急に抜けた後、

反発する動きになることも想定されるため、

日々の動きに惑わされあまり大きなポジションを持つことは

避けた方がよいでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆516億円で、

10月28日の1兆6956億円以来、8営業日ぶりの低い水準になりました。

売買高は20億5387万株で、東証1部の値下がり銘柄数は781、

値上がり銘柄数は939、変わらずは113でした。

日経は下げましたが、値上がり銘柄数が上回る

奇妙な相場でした。

 

テクニカル的には25日線からの乖離がまだ過熱を表している中、

RSIも本日で80を下回ったものの70を超える過熱気味を見せています。

高値の持ち合いから少し下に向けて動き出す形になりました。

ここで空をあけて下に抜けるとアイランドリバーサルの形になりますので、

相場の急反転後の反発になるような乱高下には備えが必要です。

 

■各市場の動き

日経:16,780.53 -99.85 10日

NYダウ(ドル) 17,573.93 +19.46 7日

ドル/円:114.10 – .16 -1.17円高