TOPICS

2014/11/13

2014年11月13日日経概況

2014年11月13日の東京株式市場は大幅に続伸しました。

終値は前日比195円74銭(1.14%)高の1万7392円79銭でした。

これこそ強いトレンドが発生している時の状況です。

上げ幅を拡大しながらも力強さはまします。

7年ぶりの高値更新は続いています。

連日の高値更新で市場には先高観が強くなっています。

 

 

前日の米国市場は前日同様、方向感のない展開になりました。

NYダウ平均が2.70ドル安の17,612.20ドルで取引を終えたことを受け、

日本市場は小高い動きで前場を終えました。

 

しかし、消費税の再増税に関して

先送りのシナリオが固まってきたとの流れが強くなり、

景気を支える要因として解釈され

後場では上げ幅を拡大しました。

 

連日の上昇で過熱感が懸念されながらも

下げてくる気配を見せない強い相場です。

しまった、買っとけばよかったといつも相場が上げた後に

後悔するよりは、トレンド発生可能性がある時期から仕込みをする

スキルをみにつける必要があります。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆5665億円で、

連日2兆円を上回っています。

売買高は24億6788万株で、東証1部の値上がり銘柄数は1297と、

全体の7割強を占め、

値下がりは433、変わらずは103銘柄でした。

 

テクニカル的には終値では上昇したものの

チャートの形は下降になって、一抹の不安を残す形になりました。

しかし、下値が持ち合い期間中の上値で支えられることが

確認されることから考えると、

上昇トレンド中のプロセスだと判断できます。

懸念事項は現実味を増してきたという消費増税先送りが

実現されなかった場合の反動ですね。

 

■各市場の動き

日経:17,392.79 +195.74 13日

NYダウ(ドル) :17,612.20 -2.70 12日

ドル/円:115.73 – .76 +0.47円安 13日