TOPICS

2014/11/19

2014年11月19日日経概況

2014年11月19日の

東京株式市場は小幅反落しました。

終値は前日比55円31銭(0.32%)安い1万7288円75銭でした。

短期の過熱感による利益確定に上値を抑えられました。

 

前日の米国市場は上昇、

NYダウ平均は40.07ドル高の17687.82、

ナスダックは31.44ポイント高の4702.44で引けました。

 

円安方向に振れた為替相場の状況や

米国市場の堅調な動きを背景に朝方は40円高く始まり、

前日比で128円高の1万7472円まで上昇をみせましたが、

上値を追うことには消極的でした。

 

一旦材料出尽くしということで反落になりましたが、

安値を割り込むような状況とは考えづらい相場です。

先高観は持ったまま、今の持ち合いを少しずつでも

抜け出していくところを今週はみせて欲しいところです。

少し下げたことで押し目を作った銘柄も多いはずなので、

次の転換では積極的にのるのがよい投資戦略でしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆5939億円で、

前日より若干増えています。

売買高は27億6657万株で、東証1部の値下がり銘柄数は1010

(全体の55%にあたる)、

値上がりは689、変わらずは135でした。

 

テクニカル的には空を空けて始まりましたが、引けにかけて下げてきた動きで、

キャンドルの形は上昇になりました。

MACDはデッドクロス、RSIはまだまだ80あたりにくっ付いている状況なので、

まだ過熱感はぬぐえませんが、

11月14日の高値をぬけてくれるところが今週中には欲しいところですね。

 

■各市場の動き

日経:17,288.75 -55.31 19日

NYダウ(ドル) :17,687.82 +40.07 18日

ドル/円:117.30 – .35 +0.61円安 19日