TOPICS

2014/11/21

2014年11月21日日経概況

2014年11月21日の東京株式市場は続伸になりました。

終値は前日比56円65銭(0.33%)高の1万7357円51銭でした。

1週間ぶりの高値になりました。

 

前日の米国市場は上昇、

NYダウ平均は33.27ドル高の17719.00、

ナスダックは26.16ポイント高の4701.87でで引けました。

 

3連休を控えていることで利益確定が出る動きが予想されました。

朝方は予想通りの動きで、下げて始まり、

一時下げ幅を200円まで広げる場面もありました。

 

ちょうどいい下げの形になるのかと思うところで、

日経は再び力強さを発揮し、下げ幅を縮めた後は

上昇に転じて引けました。

 

しかし、市場には上昇を演じるほどの材料は見当たらず、

ETFの思惑買いを狙った短期の資金流入に過ぎないと思われ、

中身のある相場とはいえません。

 

午後には衆院解散があり、

これから株価を下げる要因は見当たらない状況ですが、

すでに株価はかなり高い水準に来ており、

政府としては難しい舵取りになっています。

 

今週もお疲れ様でした。

3連休はゆっくりした後、

先高観の強まる来週からの相場を楽しみましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆4958億円,

売買高は25億1705万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1047、

値下がり銘柄数は640、変わらずは147でした。

 

テクニカル的には終値で上昇になっただけで、

キャンドルの形は下落になりました。

しかし、下髭の長い陽線引きになったことで、

まだ先高観は強いといえます。

RSI、MACD共に過熱感解消のサインを出していますが、

来週からはしっかりトレンドを切り返してくるものを中心として

物色したいところです。

 

■各市場の動き

日経:17,357.51 +56.65 21日

NYダウ(ドル) :17,719.00 +33.27 20日

ドル/円:117.73 – .76 -0.84円高 21日