TOPICS

2014/12/01

2014年12月01日日経概況

12月最初の営業日だった2014年12月01日の東京株式市場は続伸しました。

終値は前週末比130円25銭(0.75%)高い1万7590円10銭でした。

11月14日の年初来高値を更新すると同時に、

2007年7月以降、実に7年4ヶ月ぶりの高値で引けました。

 

1万7500円台を7年ぶりに回復したことで

1万8,000円台が視野に入ってきました。

選挙前は株価があがるというアノマリーは

今回も生きてきました。

 

大きな材料にはかけましたが、

原油安や円安の進行など外部環境の改善に加え、

7~9月期の設備投資額(ソフトウエアを除く産業)が増えたことが

好感されました。

 

1万7600円台まで上昇する場面もありましたが

後場には高値警戒感から売り物に押される場面があったものの、

引けにかけては再度値を戻す展開となり、相場の強さを裏づけました。

 

市場の流れとしては

原油安、円安を追い風に、双方のメリットを享受できる

空運(本日の産業別上昇率1位)、化学、ゴム製品などが

大きく上昇しています。

 

過熱感を警戒する雰囲気より

日本株の先高感はまだまだ強い状況で

さらに上昇傾向の強いアノマリーが生きてくる12月ですので、

サインが出たものに関しては積極的に取り組み、

じっくり持っていくことで利益を最大化する相場です。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆1972億円で

商いとしては直近の傾向からやや劣る印象です。

売買高は20億2362万株で、東証1部の値上がり銘柄数は1174、

値下がりは522、変わらずは145でした。

 

テクニカル的には、月足でみるローソクが

前回の高値(2013年12月)を飛びぬけて新高値を作りました。

次は2007年6月に形成された1万8,000円台を目指す動きになります。

日足でのMACDが今からシグナルを突き抜けるゴールデンクロスに

近い形になり、まだ過熱感はみられません。

 

年末までは先高観を外さずに

買いで利益を上げるスタンスを維持しましょう。

 

■各市場の動き

日経:17,590.10 +130.25 1日

NYダウ(ドル): 17,828.24 +0.49 28日

ドル/円:118.41 – .44 +0.20円安 1日