TOPICS

2014/12/03

2014年12月03日日経概況

2014年12月03日の東京株式市場は4日続伸しました。
終値は前日比57円21銭(0.32%)高の1万7720円43銭でした。
4日続けて、連日で年初来高値を更新しています。
しかし、場中に200円以上上げる場面から
利益確定に押される形になり、そろそろ過熱感を警戒する
声が聞こえるようになってきました。

場中は7年4ヶ月ぶりに1万7800円台にのせる場面もありました。

欧米の株式市場は軒並み上昇、
ロンドン株式市場はFT100種総合株価指数が85.73ポイント高の6742.10ポイント、
NYダウ平均は前日比102.75ドル高の17879.55ドル、
NASDAQは28.46ポイント高の4755.81ポイント、
S&P500は13.11ポイント高の2066.55ポイントなど、
いずれも幅のある上昇となりました。

為替市場では円安が進み、
日本株は欧米の株高、円安を追い風に
朝方から上昇が予想され、そのままあげて始まりました。

先高感の方が強い相場で218円まで上げ幅を広げる場面もありましたが、
先週から続く急激な上昇に対して、利益確定がでたことで
上げ幅を縮小して引けました。

しばらく調整する可能性も出てきましたが、
あくまでも上昇のための日柄調整という位置づけで捕らえるのが
今の相場状況から考えれば妥当でしょう。

調整に入るとひとまず利益を取るか、
持っている利益の半分をまずとって、
調整後の転換でまた取り組んでいく戦略が適切でしょう。

昨日も説明した通り、年末までは先高観を外さずに
買いで利益を上げるスタンスを維持しましょう。

■各市場の動き
日経:17,720.43 +57.21 3日
NYダウ(ドル) :17,879.55 +102.75 2日
ドル/円:119.12 – .17 +0.31円安 3日