TOPICS

2014/12/08

2014年12月08日日経概況

2014年12月08日の東京株式市場は7日続伸しました。

終値は前週末比15円19銭(0.08%)高い1万7935円64銭でした。

朝方は1万8,000円にのせたことがニュース速報になるほど

お祭り騒ぎでしたが、マイナス転じた後は小幅続伸で終わっています。

それでも連日の年初来高値更新で、

押し目を待つ投資家には中々入りづらい状況になっています。

 

市場予想を大きく上回るアメリカの雇用統計で

円安は急激に進み、朝方は1万8,000円にのせてから

スタートしました。

 

しかし、内閣府が発表した7~9月期の

実質国内総生産(GDP)改定値が下方修正されたこと、

1万8,000円台を達成したという安心感から利益をひとまず

確定する動きになった後、1万8,000円を割って引けました。

 

ここにきて注意することは市場に広がりつつある過熱感です。

①前週末までの6営業日続伸で671円を超える上げ

②東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)が130%を超えて「買われすぎ」サイン

などの要因で、過熱感が強まりつつあります。

 

新規の買いに入るには遅くなってしまったケースが多いので、

高値圏だと分かっている場合は、

無理やり入ることをやめた方がいいでしょう。

持っているものの利益最大化に努力する時期です。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆4224億円で

売買高は21億5310万株でした。

商いは少しずつ増えています。

東証1部の値上がり銘柄数は877、値下がり銘柄数は816、

変わらずは155でした。

 

■各市場の動き

日経:17,935.64 +15.19 8日

NYダウ(ドル) :17,958.79 +58.69 5日

ドル/円:121.22 – .24 +1.05円安 8日