TOPICS

2014/12/10

2014年12月10日日経概況

2014年12月10日の東京株式市場は大幅に続落しました。

終値は前日比400円80銭(2.25%)安の1万7412円58銭でした。

順調に上げ幅を拡大してきた2週間前の状態に戻りました。

 

下げ幅を大きくしたのは外部環境の悪化と、

心理的な要因でした。

外部環境の1つ、欧米の株式市場は下落。

ロンドン株式市場はFT100種総合株価指数が

142.68ポイント(2.14%)安の6529.47と急落、

1カ月ぶりの安値になりました。

 

米国市場はまちまちでNYダウ平均は51.28ドル安の17801.20、

ナスダックは25.77ポイント高の4766.47で引けました。

 

外部環境の悪化2、為替市場のドル高・円安基調の一服です。

1ドル119円半ばまでの円高進行により

輸出関連株のトヨタやファナックなど

日経平均への影響が大きい値がさ株全般が下げました。

 

心理的要因は急激な上昇に伴い1万8,000円を場中にでも

達成したという達成感で利益確定が出やすい環境でした。

 

昨日お伝えしたとおり、

今週中は調整する動きが続いていくと見られます。

利益確定のサインが出た銘柄が多いタイミングなので、

一旦は持っている利益をしっかり自己資金として確定する

動きにするのがよいでしょう。

マスコミなどで色々騒がれますが、

次の上昇のためには必ず通る調整ですので、

落ち着いて対応しましょう。

 

東証1部の売買代金は2兆8514億円で大きな商いになりました。

売買高は25億4380万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1473で全体の約8割、

値上がりは285、変わらずは90銘柄でした。

 

■各市場の動き

日経:17,412.58 -400.80 10日

NYダウ(ドル) :17,801.20 -51.28 9日

ドル/円:118.87 – .88 -0.79円高 10日