TOPICS

2014/12/11

2014年12月11日日経概況

2014年12月11日の東京株式市場は大幅に続落しました。

終値は前日比155円18銭(0.89%)安の1万7257円40銭でした。

欧米市場の軟調につられて、大きく下げて始まりましたが、

押し目買いに支えられ、陽線で引けました。

 

欧米市場は軒並み下落。

ロンドン株式市場はFT100種平均株価指数が

前日終値比29.43ポイント(0.45%)安の6500.04で引けました。

米国株式市場も主要3指数すべてが下落。

NYダウ30種は268.05ドル(1.51%)安の1万7533.15、

ナスダック総合指数は82.44ポイント(1.73%)安の4684.03、

S&P総合500種は33.68ポイント(1.64%)安の2026.14で

取引を終えました。

 

日経は軟調な欧米市場の動きと117円台まで進んだ

円高の動きを受けて、大きく下げてからスタートしました。

1万7,000円台に近づいてくると、

下値では買いが入り下げ幅を縮小してきました。

しかし、米国株式市場は天井から調整の形で

この先の見通しがつかず、買いづらい状況であるため

押し目買いによる戻りも鈍い動きで終わりました。

 

今後の見通しは、米国株式市場が現在の調整する動きを

クリスマスシーズンに入るまで続ける場合は

日本もすぐ上昇基調に戻す雰囲気にはなりにくいことでしょう。

今週末までは一旦調整をするとして、

次反発して1万8,000円を突破できず、ダブルトップの形で

下げてくる可能性もある形ですが、

年末年始は伝統的に上昇しやすいアノマリーから

考えると、その壁を突破して上離れをみせて欲しい相場です。

 

■各市場の動き

日経:17,257.40 -155.18 11日

NYダウ(ドル) :17,533.15 -268.05 10日

ドル/円:117.95 – .98 -1.13円高 11日