TOPICS

2014/12/24

2014年12月24日日経概況

2014年12月24日の東京株式市場は大幅に、5日続伸しました。

終値は22日比219円09銭(1.24%)高い1万7854円23銭でした。

上昇の要因は改善された外部環境です。

 

まず、米国相場の堅調な動きです。

米国の7~9月期の国内総生産(GDP)確定値が23日に発表され、

大幅に上方修正されました。

これを受け、米株式市場でNYダウ平均は過去最高値を更新し、

終値で史上初となる1万8,000ドルにのせました。

終値は前日比+64.73の18,024.17ドルでした。

次の外部要因は為替相場で再び始まった円安基調です。

 

日本市場は円安・米国株式市場の流れを引き継ぎ

朝方から高く始まりました。

上げ幅を240円以上に拡大する場面も見られましたが、

引けにかけて上げ幅を縮小しながら取引を終えました。

 

しかし、5日に渡る続伸で大きく高値を切上げてきたにも

関わらず上げ幅を大きく下げなかったのは、

トレンドが強いこと、投資家の先高感が強いことを

伺うことができます。

 

相場の参加者自体がすでに少なく商いは伴ってないですが、

常に2兆円以上はあり、

年末まで安定的に利益を上げることはできる相場です。

基本は流れに乗ること、言い換えれば逆らわないことですね。

相場全体が上げ上げの状態で、一人で空売りで頑張っても

利益を上げることは中々難しいでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆403億円で、

売買高は21億3937万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1172(全体の63%)、

値下がりは560、変わらずは128でした。

 

テクニカル的には前日の実体から大きく離れて始まる

陽線を形成、前回の高値1万8,000円代を目指す動きです。

ダブルトップが意識される場合は、一回前回高値付近で上値を抑えられ

調整を強いられることも考えられるます。

しかし、年末にあわせて高値を形成しながら引けた場合は、

1月の相場から力強く伸びる可能性も高いと考えられます。

 

クリスマスイブです。

皆様の家庭に聖なる祝福が溢れることを願っております。

メリークリスマス!

 

■各市場の動き

日経17,854.23 +219.09 24日

NYダウ(ドル) :18,024.17 +64.73 23日

ドル/円:120.31 – .36 +0.72円安 24日