TOPICS

2014/12/30

2014年12月29日日経概況

2014年12月29日の東京株式市場は反落しました。

終値は前日比10円21銭(0.06%)高の1万7818円96銭でした。

為替市場で進む円安基調や先週末の海外株高などを材料にして

買いが先行しましたが、材料不足で手仕舞い売りに押されました。

 

先高感から朝方は買いが先行してプラス圏で始まりました。

しかし、市場には参加者が少なく

少しプラス圏になるだけで、手仕舞いの売りが出て、

上値が重くなりました。

それに加えて西アフリカのシエラレオネから帰国した

30代男性にエボラ出血熱感染の疑いがあり、

感染の有無を検査すると伝わり、

株価指数先物を中心にまとまった売りがでました。

 

下げ幅を300円以上に広げる場面もありましたが、

下値では再び押し目を拾う動きが入り、

下げ幅を縮小しながら取引を終了させました。

 

来年に向けて先高感が強いという味方には変更ありませんが、

エボラという変数が登場することで、

少し波乱要素を含むことになります。

日本のシステムから判断する場合、エボラが大量発生する可能性は

低いと考えられますが、

可能性が低い方に動いてしまう場合は、市場にとっても

好ましくない動きになるでしょう。

 

今年は残すところ1日、

じっくり構えて休み中は今年を振り返り、

来年の動きに備える「思考の週間」にしたいですね。

 

 

東証1部の売買代金は概算で1兆7966億円と、

連日2兆円を下回っています。

売買高は19億3247万株で、

東証1部の値上がり数は1090、

値下がり銘柄数は646、変わらずは123銘柄でした。

指数は下げましたが、値上がりが全体の6割近くを占める奇妙な相場でした。

 

■各市場の動き

日経: 17,729.84 -89.12 29日

NYダウ(ドル) :18,053.71 +23.50 26日

ドル/円:120.68 – .70 +0.35円安 29日