TOPICS

2015/01/21

2015年1月21日日経概況

2015年1月21日の東京株式市場は反落しました。

終値は前日比85円82銭(0.49%)安の1万7280円48銭でした。

3日に渡る上昇で利益確定と様子見ムードが拮抗する相場でした。

 

前日の欧米株は上昇。

ロンドン株式市場は4営業日続伸して、

FT100種総合株価指数が34.57ポイント(0.52%)高の6620.10、

NY株式市場も上昇しました。

 

NYダウが前週末16日終値比3.66ドル高の1万7515.23ドル、

ナスダック総合株価指数は20.462ポイント高の4654.846ポイントで

取引きを修了しました。

 

日経は欧米の株高にもかかわらず、3日に渡って500円以上あげたことから

利益確定が広がると同時に、

今夜予定の欧州中央銀行(ECB)による量的金融緩和決定の結果を

見極めたいとの様子見ムードが広がり反落となりました。

 

日銀が金融政策の現状維持を決定した報を受けて

円相場が上昇したことを受け、180円以上下げる場面も見られましたが、

やはりECBに対する期待感が働き、押し目買いが入ることで引けにかけて

下げ幅を縮小させました。

 

3日に渡って3%以上あげてきたので、ある意味当然といえば

当然の利益を取る動きとして、市場を引きずり下ろすような動因は見られません。

日本時間22:30に予定されているECBの結果を受けてから

方向がはっきり決まりそうです。

 

基本は持ち合い相場なので、

まだポイントに到達してない保有銘柄はしっかり保持、

利益確定サインがでたらしっかりとって行きましょう。

 

来週以降は決算発表が始まります。

変動性の高い相場が予想されるので、不明確な銘柄に関しては

この時期においては退避しておくのも戦略でしょう。

東証1部の売買代金は概算で2兆3029億円で、

少しずつ商いを拡大させています。

売買高は21億8730万株、東証1部の値下がり銘柄数は1312、値上がりは466、

変わらずは83銘柄でした。

テクニカル的には25日線を挟んで方向を決めかねている

典型的な持ち合い相場でした。

先高感に変更はありませんが、今日の結果を反映して、

一回大きくぶれる可能性が高いです。

 

■各市場の動き

日経:17,280.48     -85.82         21日

NYダウ(ドル):       17,515.23    +3.66 20日

ドル/円:117.76 – .78      -0.48円高     21日