TOPICS

2015/01/22

2015年1月22日日経概況

2015年1月22日の東京株式市場は小幅に続伸しました。

終値は前日比85円82銭(0.49%)安の1万7280円48銭でした。

続伸はしたものの欧州中央銀行(ECB)の理事会の結果発表を見極めたいと、

様子ムードが強く方向感のない展開でした。

 

朝方は前日の米國株高を引き継ぎ、上昇で始まりました。

前日の米国株式市場は上昇、

DOWは+39ドルの17,554ドル、

NASDAQ総合株価指数は+12.58ポイントの4,667.42ポイントで

取引を終了しました。

 

日本市場は米国市場の上昇を受け、買いが先行しましたが、

欧州中央銀行(ECB)の理事会の結果発表を控えての

様子見ムードが強い上、直近の上昇でひとまず利益を確保しておく

動きが広がる中、売り買いが交差する値動きが続きました。

投資家の迷いは強く、売買高も今年最低を記録しました。

 

しかし、下値を積極的に売り込む雰囲気ではなく、

日本株には先高感が強く残っているため、

押し目に達すると、押し目買いがしっかり入り

引けにかけてはしっかり引き締まって取引を終えました。

 

今夜の結果は誰にもわからないことですが、

市場の期待通り、ECBが量的緩和を決定する場合は

買い安心感が広がり、上昇トレンドを継続していくものだと

考えられます。

基本戦略は今までと変わらず、

保有しているものの利益最大化に主力すると同時に

本日の結果を見極めて、新たにサインが点灯したら

積極的に買っていくことが有効だと判断されます。

 

テクニカル的には持ち合いで、方向感のない形であるということに

変わりはありませんが、25日線を挟んで上下しながら

下値は切り下げないということから、

「下値を固める」と読むことができます。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆507億円で、

売買高は19億7108万株と 今年最少でした。

値幅(高値と安値の差)も126円53銭で今年最小だったことから

方向感がないこともうなずけます。

東証1部の値上がり銘柄数は724、値下がりは988、

変わらずは149でした。

 

■各市場の動き

日経:17,329.02     +48.54        22日

NYダウ(ドル)         :17,554.28 +39.05        21日

ドル/円:117.78 – .80      +0.13円安    22日