TOPICS

2015/01/15

2015年1月15日日経概況

2015年1月15日の東京株式市場は大幅に反発しました。

終値は前日比312円74銭(1.86%)高の1万7108円70銭でした。

欧米株の続落にもかかわらず自律反発を見せる動きになりました。

 

市場の予想には反する動きでした。

14日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が4日続落、

終値は前日比186ドル59セント(1.1%)安の1万7427ドル09セントで

取引を終えました。

取引開始前に発表された12月の米小売売上高が

市場予想(前月比0.2%)よりも大きく減少した(0.9%減)ことを受け、

売りが先行しました。

取引時間中には下げ幅を約350ドルまで広げる場面もありましたが、

直近4日間の下げ幅が 480ドルに達したことなどで、

引けにかけては下げ渋りました。

 

 

軟調な欧米株の動きを受け、日経も方向感を欠く動きが予想されましたが、

直近の急激な調整と、

12月の量的緩和発表前の水準に近づいたことが意識される形で

自律反発になりました。

 

テクニカル的にみたら75日線まで調整して

反発するタイミングに来ていることを表しています。

今回のポイントは75日線と、12月のトレンド発生スタート時点、

2つの支持材料が揃った形になります。

 

今後の戦略は、本日の反発を積極的に買う材料としては判断せず、

週末要因が絡んでいる明日でも今日の高値を抜けることで

短期のトレンドが転換したかを確認することです。

トレンド転換の確認、来週からの転換したもの、

押し目に達した銘柄を中心に積極的に入っていくという

動きが望まれる相場です。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆3303億円、

売買高は25億605万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1513、値下がり銘柄数は265、

変わらず82でした。

 

■各市場の動き

日経:17,108.70     +312.74      15日

NYダウ(ドル)         :17,427.09 -186.59       14日

ドル/円:117.74 – .78      +0.66円安    15日