TOPICS

2015/02/03

2015年2月3日日経概況

2015年2月3日の東京株式市場は大幅に続落しました。

終値は前日比222円19銭(1.27%)安の1万7335円85銭でした。

米国市場の動きを受けて、高く始まりましたが、

国債入札の内部要因が下げをリードしました。

 

米国市場は反発して、ダウ30種平均は196.09ドル高の17361.04、

ナスダックは41.45ポイント高の4676.69で取引を終了しました。

値下がりが続いた原油価格が原油先物相場で一時1バレル50ドル台を回復、

エネルギー関連株に業績改善されるとの期待で買いが入り

欧米株は上昇しました。

日本市場は欧米株の上昇を引き継ぎ、

反発するとの期待通り、90円を超える上げ幅で始まりました。

しかし、10年物国債の入札が不調だったことで、

債券先物相場が急落、リスクオフを急ぐ投資家たちの動きが

株式市場にも広がり下げに転じました。

 

下げ幅を300円近くにまで広げる動きも見られましたが、

引けにかけて、下げ幅を縮めながら取引を終えました。

 

テクニカル的に5日の短期移動平均線を割り込み、

短期下降貴重を作っており、

3つ目の天井を作る形になっています。

大きなチャートレベルでみる場合、高値を2回切り下げており、

25日移動平均線でネックラインが置かれて16922円付近まで

一気に調整する可能性も出てきました。

 

全体的にさげている中、決算期の特徴を反映して、

しっかり材料のあるものが物色される動きです。

調整に入っていて、そのスピードが速いので、

買い・売りのポイントに到達したものは迷わずに

片付ける「潔い」姿勢でいる必要があります。

 

 

東証1部の売買代金は概算で2兆6958億円で、商いはしっかり、

売買高は27億5819万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1454と、全体の約8割、

値上がり銘柄数は334、変わらずは74でした。

 

■各市場の動き

日経:17,335.85         -222.19            3日

NYダウ(ドル)            :17,361.04    +196.09           2日

ドル/円:117.49 – .52 -0.09円高       3日