TOPICS

2015/02/04

2015年2月4日日経概況

2015年2月4日の東京株式市場は大幅に反発しました。
終値は前日比342円89銭(1.98%)高い1万7678円74銭でした。

昨日までの反動とともに、米国市場の上昇を受けて、
高く始まり、そのままあげて行きました。
 

前日の米国市場は原油価格が底を抜け出し、
1ヶ月ぶりの高値を付けたことで 大幅上昇しました。17,666.40   +305.36
 

ダウ30種平均は305.36ドル高の17,666.40ドルで、取引を終了しました。
 

米国市場の上昇を受け、
国債入札の結果を色濃く繁栄した昨日の結果から
日本市場は立ち直りました。

実体のない上昇ではなく、
売買代金も2兆8072億円と、2014年12月19日以来,
約1カ月半ぶりの大きさになることで活気が増えてきています。
 

213円高く始まった後は400円超える上昇幅まで
行きましたが、まだ一気に1万8,000円を目指すほどの
積極さには足りてない雰囲気です。
 

テクニカル的に、5日移動平均線を回復して
短期のトレンド転換を見せましたが、
明日も本日の高値を抜けてちから強く
上昇に転じるかが観察ポイントになります。
 

東証1部の売買高は27億2707万株で、
値上がり銘柄数は 1542、値下がりは250、
変わらずは70銘柄でした。
33業種中31業種が上昇することで、
幅広く上昇したことになりますが、
出遅れ感のあった、銀行を始め、
保険業やその他金融業などの金融圏の上げが目立ちました。

 

■各市場の動き
日経:17,678.74         +342.89           4日
NYダウ(ドル)            :17,666.40    +305.36           3日
ドル/円:117.68 - .70 +0.46円安       4日