TOPICS

2015/02/17

2015年2月17日日経概況

2015年2月17日の

東京株式市場は反落しました。

終値は前日比17円68銭(0.1%)安の1万7987円9銭でした。

前日に7年7ヶ月ぶりに終値ベース1万8,000円台を回復した後、

利益を確定する動きが先行しました。

しかし、底値が硬いことを示す値動きで、日本株はまだ

先高感が強いと印象付ける相場でした。

 

 

先週末の米国市場はプレジデンツデーの祝日のため休場でした。

日本市場はギリシャ情勢の不透明感で軒並み下落した

欧州市場の動きと前日の達成感から利益確定の動きが先行して

55円安くスタートしました。

 

上げ下げを繰り返しながら、方向感のない動きを見せましたが、

底値を積極的に売り込む動きにはならず、

むしろ市場の底硬さをみせる形になって17円安でひけました。

 

今週いっぱいはこのような需給関係で1万8,000円台を挟んでの

調整をこなしながら、最終的に上げていく方向になると予想されます。

 

テクニカル的には1万8,000円台をぬけたところ

下に戻ってきてしまいましたが、下ひげの長い陽線を形成、

下落というよりは持ち合いでしっかり守っていると

判断するのがよいでしょう。

1万8,000円台を挟んで4つのキャンドルが持ち合っている形なので、

これを下に抜ける動きになるとスピードの速い調整になりますが、

現在の底硬さからは考え難いことでしょう。

特に値上がり銘柄数が1111と全体の6割近くが上昇したことは

それを裏付けることです。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆2494億円、

売買高は23億1660万株で商いはさらに少なくなっています。

東証1部の値下がり銘柄数620、変わらずは131でした。

■各市場の動き

日経:17,987.09         -17.68  17日

NYダウ(ドル)            :18,019.35    +46.97 13日

ドル/円:118.59 – .62 -0.01円高       17日

20150217NikkeiDaily