TOPICS

2015/02/18

2015年2月18日日経概況

2015年2月18日の東京株式市場は大幅に反発しました。

終値は前日比212円08銭(1.18%)高の1万8199円17銭でした。

再び7年7ヶ月ぶりの終値ベース高値を更新して、

1万8,000円台へ安着し、新たなトレンドの始まりを示す

形になりました。

 

前日の米高株式市場は3日続伸になりました。

NYダウ30種平均は13日 比28ドル23セント(0.2%)高の

1万8047ドル58セント、

ナスダック総合指数は5日続伸で、5.431ポイント(0.1%)高の4899.267で

取引を終えました。

朝方は長引くギリシャの情勢が不安材料になり、下げて始まりましたが、

午後に入って、不安が後退、上昇で引けました。

日本は米国市場の上昇とギリシャ不安の後退を受け、

上げて始まり、弱い姿を見せることなく

一貫してあげた結果、本日の高値で引けました。

4日に渡る持ち合いから高値と安値を切り上げながら

上昇する形になり、

新たな上昇トレンドを形成する動きになりました。

 

堅調な企業業績も日本株に対する先高感を形成して

投資家のリスクオン姿勢が鮮明になる結果

幅広い銘柄に買いが入りました。

NY20150218

テクニカル的には1万8,000円台をぬけたところで持ち合った後は

その持ち合いを空を開けながら抜け出す動きをみせ、

テクニカル的にも強気になっていることが伺えます。

ここから想定される動きとしては、

一旦調整に入ったら、1万8,000円が支えになり、

反発するポイントになるということです。

 

多くの銘柄がすでに高い位置にあり、

新たに仕掛けるには難しいこともありますが、

まだ出遅れて株はちらほら見られることから、

無謀に天井近くの銘柄を追いかけるよりは

出遅れ感の鮮明な銘柄を発掘することと、

持っていて利益が発生している銘柄の利益最大化に

注力する戦略が求められるます。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆8050億円、

売買高は27億2387万株で商いの増加を伴いながら

東証1部の値上がり銘柄数は1319と、全体の7割、

値下がりは426、変わらずは117銘柄でした。

 

 

 

■各市場の動き

日経:18,199.17         +212.08           18日

NYダウ(ドル)            :18,047.58    +28.23 17日 16:32

ドル/円:119.26 – .28 +0.73円安       18日

NIkkei20150218